ようこそプレシャスクローマへJewellery Column Hot Topics

ジュエリーコラム

コラムテーマ

 

運搬・輸送

第3回は、散々、発破で粉砕した岩石を精錬所に運ぶのは…、貨物、トラック、そう働くクルマですね~。建機とも云います。
本来ならば、大型一種や特殊車両でもって、大陸横断・縦断したいところですが、大規模な宝石鉱山などで使用されているトラックは無人でラジコンのように動かしています。
採掘は常に危険が伴います。採掘に費用を費やした分、当然、宝石の原価にも上乗せされます。中規模以下の鉱山は有人トラックや人力です。
ですから本来、手間暇かかった分だけ、天然宝石は割高なのです。
ともかく、そんな時に持ってるとステキな国家資格は、国土交通省管轄の運行管理者です。
2区分に分かれいて、宅急便屋さんや物流は『貨物』、バス、ハイヤー/タクシーは『旅客』となっておりまして、店主は『貨物』で取得しました。
バックパッカー歴がそのまま旅行業(をやっている手前)を始めるきっかけに…。
資格区分の『旅客』も激しく気になったのですが、寄り道・道草は実際の旅でしよう!と思いました。
激しい妄想で世界を旅するのも楽しいですが、リアルには勝てません!。資格も使うと楽しいですよ。